解答速報でスムーズに答え合わせ【司法書士試験の合格を目指す】

司法書士になるために!~解答速報で実力をチェック~

司法書士と行政書士の違い

司法書士

司法書士は、簡易訴訟や登記に関わる書類を作成するのが主な仕事です。資格合格が難しく、合格率は毎年3.5%前後と言われています。

行政書士

行政機関に提出する書類を作成するのが行政書士で、外国人の帰化申請についても対応しています。20%近くの合格率がでることもあり、司法書士試験にも合格できるくらいの実力があれば、合格しやすいでしょう。

両方取得するのもアリ

司法書士と行政書士のどちらかだけを取得している場合、自分では行えない業務が出てくる可能性があるため、両方取得しておく人もいます。そうすれば、他の事務所との差別化も図りやすいでしょう。まずは、司法書士試験に合格するために解答速報について見ておくといいですね。

解答速報でスムーズに答え合わせ【司法書士試験の合格を目指す】

メンズ

来年の対策を立てるためにもチェックしておこう

解答速報はネットや予備校などで確認することができます。答え合わせを行うことで、自分の実力がどれくらいなのか知ることができますし、弱点を認識できれば今後の勉強にも役立つでしょう。

司法書士試験は難しい

国家資格には色々な種類がありますが、特に難しいと言われているのは司法関連と不動産関連の資格です。司法関連の資格の中で、司法試験に次いで難しいと言われているのが司法書士なので、対策をきちんと行っておく必要があるとわかります。

司法書士試験の傾向

試験は午前と午後に分かれます。全体で20問くらい出される民法が特に難しいと言われているので、しっかりと対策を取る必要があります。また、実務に大きく関わる商法も難しい問題が出る傾向です。刑法は対策しておけばさほど難しくないでしょう。

広告募集中