行政書士試験に合格するための近道【通信講座を上手く使おう】

通信講座なら効率よく勉強できる!行政書士は独学でも合格可能

揃えておきたい参考書

  • 六法
  • 過去問
  • 練習問題集
  • 予想問題集

自分に合うテキストを選ぶ方法

自分のタイプで考える

独学が難しいと感じるなら、まずは初心者向けに説明されているものや、漫画でわかりやすく学べるものなどを使うといいでしょう。独学でも大丈夫な場合は、余白が多いテキストでも問題ないですね。自分で重要部分をマークできる自信があるなら、マークされていないタイプを選ぶと学習する力もアップします。

初心者ならフルカラーを選ぶ

カラフルなので見やすく、飽きずに勉強できるため初心者にも向いています。重要ポイントがすでに色付けされているので、人目で分かりやすいでしょう。自分でチェックしたい人には物足りないかもしれないので、よく考えて選ぶといいですね。

書店で確認しておこう

出版社が違っても、内容が全然違うということはありません。しかし、カラーの有無や文字の大きさなどが異なるので、どれが見やすいかは人によって異なります。書店で選ぶときはいくつか見比べてみるといいでしょう。また、通信講座の場合も使用するテキストの例を表示していることがあるので、見ておくといいですね。

いつでも見やすいものにする

テキストで勉強した後に、過去問や問題集を解いてみると勉強した通りに解けないこともあります。そういう時はまたテキストを見直すことになりますが、見返しやすいものであれば、チェックしやすいでしょう。書き込めるスペースがあるものだと、自分でメモができるので使いやすくなるはずです。

行政書士試験に合格するための近道【通信講座を上手く使おう】

勉強道具

自分1人で難しいなら通信講座を利用しよう

行政書士の試験に合格するためには、効率よく勉強できるようにポイントを押えなくてはいけません。しかし、自分だけで勉強していると余計な部分まで覚えてしまう可能性があります。また、分からないことが出てきたとき、解決までに時間がかかるでしょう。そういう時、通信講座ならすぐに解決できるのでおすすめです。

通信講座ならコストパフォーマンスが高い

通信講座は費用がかかるのではないか…と思うかもしれませんが、初心者でも分かりやすい教材になっているため、追加で購入する必要はほとんどないでしょう。また、受験料や模試の費用も申し込み料金に含まれている場合が多いため、出費を抑えることができます。限られた時間で効率よく勉強できることも考えたら、自分だけで勉強するよりもコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

広告募集中